成立

現在の都市の発展とともに、マンションの居住者もだんだんと多くなってきています。大勢の人が集まるマンションでは、セキュリティ、火事、所有権に関する問題が発生しやすくなります。それらに応じるために、マンション管理委員会の役割としては、単にセキュリティ保障と管理効果を保証するだけでなく、コミュニティ内で発生する諸問題を解決するため、居住者間の架け橋になる必要があります。

マンション管理が最も効果的で、明確に実行されるために、国家は投資者と居住者間に管理委員会の設立を規定して、政策として制定しました。

議会住宅法の2005年11月29日の56/2005/QH11上で規制;

第71条;マンション使用事業管理組織

1.マンションの管理委員会の設立は不可欠です。マンション管理委員会は、オーナーと使用者のマンション使用中の権利と利益を保障する代表者です。

十二ヶ月以内で、マンションが使用された日から、投資者は、管理委員会を瓢箪するために、オーナーと使用者の会議(今後マンション会議と呼ぶ)を主催で行わなければなりません。投資者は、マンション会議で通過されるために、関連する内容を準備しなければなりません。

管理委員会がまだ成立されていない場合は、投資者は管理委員会の仕事をします。

2. 管理委員会とはオーナーの代表者、マンションの使用者を含みます。

3. 管理委員会の委員の数はマンション会議で決められます。管理委員会の任期は最大三年間です。管理委員会の活動は団体規則に基づいて、多数決で決められます。

第72条:管理委員会の権利と義務

 マンション管理委員会は次の権利と義務を持っています:

1.マンション会議で提出するために、法律の規則により、マンションの具体的な条件を相当するマンション使用の規則をつくります。

2.マンションオペレーション管理の営業を選んで、契約を調印して、その営業が契約のように実行されない場合は、契約を解除して、調印した契約の内容のとおりに、マンション管理営業の活動を監督します。

3.管理、使用、マンションのサービス供給に関する使用者の意見、建議を集めて、総合して、機能機関、組織、関連する個人と組んで、それらを解決します。

4. マンションの規則のとおりの使用、保障、整備を検査して、監督します。

5.文化的な生活方式をつくって、管理していたマンションの社会的な安全を維持することで、地方政権と合わしていきます。

6.住宅オーナーと使用者の出さなければならない額を徴収し、またマンションの公共施設を使用する経費も徴収します。

7.調印した契約のとおりに、マンションオペレーションの管理営業に経費を支払って、管理委員会の委員の責任補助額と、マンション会議の規制以外の額を支払います。

8. マンション会議が定めた他の仕事を実行します。

住宅に関する中央の国営管理機関は、マンション管理の規制を制定して、案内して、全国のマンションの管理状況を検査します。

Share