労働者への政策

労働は、社会の物質的富と精神的な価値を創造する、人間の最も重要な活動です。マンションの管理·運営では、労働者か毎日直接に管理する仕事をしている従業員は、住民に生息セキュリティ、安全衛生、文明環境を与えるだけではなく、マンションの価値、イメージを作る決定的な要因であると考えています。

労働法は、労働者と雇用者の権利と義務、労働基準、労働の使用原則と管理を定義しています。

労働法は、労働者の働く権利、利益、他の権利を保護しながら雇用者の権利や正当な利益を保護するために設計されたものであり、労働関係を調和で安定的なものにし、労働の管理での効率と品質の向上を実現させるものであると考えられています。

したがって、管理会社または管理を行うユニットは、労働者の使用に関する責任を全て負う必要があり、日常的な活動がスムーズに、効果的に、一貫して行われることを役割として担うことになります。

それに基づいて、労働法典の適用範囲内のすべての従業員が、働く時間と量に見合った給料の支払いと、保険の利益を受ける権利があるし、法廷にある休日の給与と報酬の控除の制限を含む法定どおり基本的な権利を保障されます。契約による、長い間仕事をした従業員は、休暇、病気給付、退職給付および年功序列による助成のような他の制度も受けることはできます。

労働法の条件の詳細については、0904615855に呼び出してください。

Share