リサイクルと廃棄物の分別

ここでは、処理の目的、ごみのリサイクル、環境保護のためのいくつかの廃棄物の分類についての一般的なルールについて説明していきます。

-ごみの分別と処理に使用する清掃用具は、住民が清掃しやすいようなダストシュートや階段のような公共エリアに設置しなければなりません。

-ごみを分類および廃棄する用具、機器は適切な場所に設置します。設置する際には、マンションの非常口を妨害しないようにするだけでなく、火災の危険も避ける必要があります。

- リサイクルできる廃棄物は、新聞、プラスチック(例えば、プラスチックの箱、ビニール袋)、金属(例えば、ミルク缶、鍋)、古い服、コンピューター、電気設備―電子と充電器を含みます。

 - ごみ分類とリサイクル可能な物品、機器は良好な状態と衛生状態で維持されていることを確認し、住民の不便を避けるように努めます。

-住民は分別された廃棄物やリサイクル設備を汚染してしまうような廃棄物を出すことはできません。

-リサイクルできる廃棄物は、リサイクルされる前に、ダストシュートやゴミの集積エリアのような適切な場所で保管されます。

 -リサイクル品の量や移送時間などを、しっかりと記録します。

 -ごみの分別を促進するために、目にとまりやすい場所にお知らせを掲示する必要があります。

-人々の環境に関する意識を高めて、人々が環境保護に参加することを奨励するために、定期的に、プロモーション活動を実施します。

- 住民に集めたリサイクル品の数量を報告します。

Share